トリノ (イタリア) にあるエアバスとエンジニアリング会社のイタルデザインは、ジュネーブ国際モーター ショーに合わせて、将来の Pop.Up のコンセプト車両を初公開しました。 このアイデアは、乗客に陸上だけでなく空中でも移動する機会を提供することです。 これは、Pop.Up のモジュール設計によって実現されます。

autoblog.com

航空機メーカーのエアバスとイタルデザイン スタジオは、ジュネーブ モーター ショーで空飛ぶ車のコンセプトを発表しました。 Pop.Up モデルには、地上と空中での移動用に 2 つの交換可能な電気モジュールが搭載されています。

航空機メーカーのエアバスとスタジオのイタルデザインは、2030年までに急増すると予想される交通渋滞との闘いに関する「共同感想文」をジュネーブで発表した。 パートナーは、Pop.Up 複合一貫旅客輸送システムに問題の解決策があると考えました。

autoblog.com

交通渋滞は 2030 年までに劇的に増加すると予測されており、Italdesign Airbus のエンジニアは、Pop.Up マルチモーダル旅客輸送システムで問題を解決できると考えました。 これは、次の 3 つの主要部分で構成されています。

  • 第一に、それはすべてとすべての人を制御する人工知能です。
  • 第二に、地上、空気、その他のモジュールとドッキングするカプセル。
  • 第三に、完全に仮想化された環境で機能するユーザーインターフェイス。

パッセンジャーダブルカプセルは、長さ2,6メートル、幅1,5メートル、高さ1,4メートルのハイテクカーボンファイバーモノコックです。 同じ炭素繊維で作られたシャーシを備えた自律型プラットフォームは、それを電気自動車に変えます。

autoblog.com

5×4,4 m のエア モジュールには XNUMX つのローターが装備されています。 Pop.Up システム全体は自動的に動作し、電気のみで駆動されるため、有害な排出物は発生しません。

autoblog.com

車の基本は二人用のカプセルサロンでした。 「コクーン」はカーボン製で、長さ2.6メートル、幅1.4メートル、高さ1.5メートル。 飛行モジュールはクワッドコプターと同様に作られ、逆回転する 8 つのプロペラが装備されています。 その寸法は5メートル×4.4メートルです。

運転モードを変更するには、特別に用意されたアプリケーションを使用するだけで十分です。 プログラムに予定されている旅行に関する情報を入力する必要があります。その後、時間、旅費、交通量などのデータに基づいて、適切な交通手段が自動的に決定されます。

ルートを計画するには、カプセルに電話してそのサービスの料金を支払います。ホログラフィックタブレットやスマートグラスなどが使用されます。

autoblog.com

地上モジュールと空中モジュールの移動を伴う42キロメートルの旅費は、52ドル、つまりXNUMXキロメートルあたりXNUMXドル強です。 システムは乗客の気分を分析し、適切なキャビン照明をオンにして、ガラスに投影の形でニュースを表示します。 ミッションを完了すると、モジュール自体が充電ステーションに戻るか、次の注文を受け入れます。

autoblog.com

開発者が考えたように、ロードトリップやフライト用のモジュールは、乗客と一緒にカプセルに個別に到着して取り付けられ、現在使用されていない部品は自動的に充電ステーションに送られ、「繭」からの呼び出しを待ちます。

カプセル自体と同様に、モジュールにはバッテリーパックが装備されています。 地上走行中、この車は 2 つの電気モーターを使用し、時速 100 km まで加速することができます。 パワーリザーブは最大130キロメートルです。 「車輪」の充電には (おそらく特別なステーションで) 15 分かかります。

飛行中、Pop.Up は 182 馬力を発揮し、時速 100 キロメートルまで加速することもできます (離陸と着陸は垂直に行われます)。 最大飛行距離は100キロメートルを超えることはできません。

空飛ぶ車の商用バージョンの登場のタイミングと情報のコストについての情報はありません。

エアバスの計画通り、タクシーのようにスマートフォンからカプセルを注文すると、特別なアルゴリズムがルートを計算し、(陸路と空路)を組み合わせて地点Aから地点Bまで連れて行ってくれます。

autoblog.com

もちろん、Pop.Up は素晴らしく見えますが、おなじみになったクアドロコプターは、少し前までは非日常的なものに見えました。

autoblog.com

Pop.Up プロジェクトの技術パラメータは次のとおりです。カプセルは長さ 2647 mm、幅 1540 mm、高さ 1415 mm で、カーボンファイバー製で、重量はわずか 200 kg です。 カプセルがキャリアを変更する間、エンターテイメントおよび気候システムを実行し続けるために、小型のリチウムイオン電池が搭載されています。

autoblog.com

地上モジュールの重量も200kgで、長さ3115 mm、幅1900 mm、高さ681mmです。 駆動輪は後部にあり、82kWhの容量のバッテリーを動力源とする15馬力の電気モーターで回転します。 130回の充電でのパワーリザーブは100km、最高速度はXNUMX km/hです。

autoblog.com

カプセルはホイールベースに取り付けることも、クアドロコプターの形の特別な飛行プラットフォームの下に固定することもできます。 したがって、Pop.Up は小型車から飛行機に、またその逆に変形することができます。

autoblog.com

概念は、自治の手段の利用可能性を提供します。

autoblog.com

車モードでは、合計80馬力のXNUMXつの電気モーターが使用されます。

autoblog.com

バッテリーパックの130回の充電でのパワーリザーブは100kmに達し、最高速度はXNUMX km/hです。

autoblog.com

空中を移動するときの速度も時速100kmで、最大飛行距離は100kmです。 どちらの場合も、バッテリーの再充電には15分しかかかりません。

autoblog.com

一般的な運行スキームは次のようになります。乗客になりそうな人は、モバイル アプリケーションを使用して交通サービスを注文し、ルート座標 (複数の停留所を含むオプションも可能) を設定し、支払いをすると、すぐに Pop.Up カプセルが到着します (必ずしも到着するとは限りません)。地上または航空モジュールに取り付けられ、たとえばエレベーターの形で、開発者はそのような機会を提供しました。

autoblog.com

ルートに沿って、カプセルは輸送モジュールを数回交換できるため、移動にかかる時間は可能な限り短くなります。 別の都市に行く必要がある場合、つまりかなり長い距離を移動する必要がある場合は、カプセルを超音速で真空トンネルを移動するハイパーループシステムトレインに統合できます。

autoblog.com

エアモジュールは、それぞれ直径1780 mmの185つのペアローターを備えたクワッドコプターの原理に基づいて作られているため、合計出力70hpの100つの電気モーターがあります。 それらは600kWhのバッテリーで駆動されます。 最大飛行距離は100km、最大離陸重量は4403 kg、最大速度は5000 km/hです。 モジュールの全長-847mm、幅-XNUMX mm、高さ-XNUMXmm。

autoblog.com

開発者は、バッテリーのフル充電には15分しかかからないと主張しているため、各モジュールの範囲が狭いために消費者を混乱させることはありません。さらに、輸送システム全体を常に新鮮な状態になるように配置することを計画しています。近くの充電モジュール。

autoblog.com

出所:モーター.ru

 

最後に、将来の Pop.Up のコンセプト車両のビデオ レビューをご覧ください